製品情報 INDEX

関連リンク
漢方ナビ
ピックアップ
ボンプラセンタ
若手医師のための漢方医学セミナー「参加者募集中」
コンプライアンス研究報告「患者さんの飲み忘れ気になりませんか」
 
製品のご案内
フィナステリド錠0.2mg/1mg「クラシエ」
スミスリンローション5%
クラシエの「ざ瘡治療薬」クリンダマイシンゲル1%「クラシエ」
妊娠中のお肌のケアに「バルーンマッサージクリーム」
患者さんの栄養補助に「アコロンDK・アコロンDKバランス」
床ずれ防止マットレス「ソフトナース」

実践・随証治療

高名清養病院 川俣 博嗣

はじめに

   漢方の基本は「証に随って治療する」(随証治療)のが原則です。「証」とは、その時に生体に現れた症状や兆候のことであり、この「証」を判断する際に陰陽虚実の概念を用います。しかし「証」の概念は種々の解釈があり、その結果、「証」を理解することを難しくしているのが現状です。この講座では下記の解釈の仕方で「証」を把握していきます。


随証治療について

月経前症候群(PMS)の漢方治療

めまいと耳鳴りの漢方治療

精神疾患の漢方療法

生活習慣病の漢方療法

泌尿器科の漢方治療

癌の漢方治療

痛みの漢方治療

喘息の漢方治療

消化器疾患の漢方治療

ニキビの漢方治療

不眠症の漢方治療

便秘の漢方治療

インフルエンザの漢方治療

アトピー性皮膚炎と漢方薬

夏ばての漢方治療

生活習慣病、肥満と漢方薬

更年期障害の漢方治療

花粉症の漢方治療

風邪の漢方処方

漢方の基礎概念について