Kracie

MENU

臨床での活用漢方で治そう

一覧ページに戻る

喘息の漢方治療

喘息のタイプ別漢方治療

喘息イラスト

 喘息の場合、強い発作の時には漢方薬よりも西洋薬の方が優先しますが、軽い発作や寛解期の時には十分漢方薬で対応できます。

 まず、発作の際に頻用されるのは麻杏甘石湯と五虎湯です。麻杏甘石湯を構成生薬から考えると、麻黄の中にエフェドリンが含有され鎮咳作用があります。次に杏仁はアンズの種で、杏仁水として使われているように去痰剤です。石膏は天然産の含水硫酸カルシウムで、消炎剤の一つで冷やす生薬の代表的なものです。甘草は緩和剤であり薬方全体の調節役をしています。したがって、麻杏甘石湯はどちらかというと実証向きの薬方です。
 五虎湯は麻杏甘石湯に鎮咳作用のある桑白皮を追加した処方で、麻杏甘石湯とほぼ同じ処方と考えてもいいと思います。漢方薬の使用には証の考慮が必要ですが、典型的な喘息発作が起こっているときはあまり個人差がないため、まずは麻杏甘石湯を使っても大きな間違いはありません。そのほか咳き込んでいるときや非常に呼吸困難なときにもよく使われます。

 咳よりもくしゃみや鼻水が非常に多く出ているときには、麻杏甘石湯や五虎湯よりも、小青竜湯を使います。小青竜湯は麻杏甘石湯から杏仁と石膏を取って、桂皮・芍薬・半夏・乾姜・細辛・五味子を加えたものです。芍薬はやや冷やす性質がありますが、他の生薬は温める効果があります。小青竜湯の特徴は麻杏甘石湯よりも温める作用が強いということと、さらに半夏・乾姜・細辛は水を逐い出す作用が強いということです。漢方では、喘息を水毒が原因で非生理的な水分が気管支のあたりにうっ滞してゼイゼイするのだと考えています。そのため喘息の治療には水を逐い出す漢方薬が必要になります。小青竜湯に半夏や乾姜や細辛のような水を逐い出す生薬が配合されているのは、まことに理にかなっているといえます。

 つぎに、寛解期に一番よく使われているのが柴朴湯です。柴朴湯は、小柴胡湯と半夏厚朴湯の二つが一緒になった処方(小柴胡湯合半夏厚朴湯)で、証からいっても、やや中間からかなり幅広く使える処方です。また体格がよく、日頃はとても元気で、体力が満ちあふれている方には、柴朴湯ではなく大柴胡湯を使うときがあります(大柴胡湯合半夏厚朴湯)。その他、証に応じて柴胡剤を併用する場合があります。少し発作がおさまって寛解期に向かうときには、柴胡剤の併用が基本になります。

 最後に、喘息の罹病期間とともにステロイド剤の使用が長くなると、脾虚や腎虚になることもあります。脾虚証の場合は六君子湯加味帰脾湯十全大補湯補中益気湯などの補剤を併用します。最近の研究で、多くの補剤にはTh1誘導作用があり、喘息におけるTh2優位の免疫応答を改善する可能性があることがわかってきました。また、腎虚証を伴う場合は八味丸、六味丸、牛車腎気丸などの補腎薬の併用も考えられます。