Kracie

MENU

十味敗毒湯
十味敗毒湯

十味敗毒湯は、江戸時代の外科医である華岡青洲が創製した漢方薬で、化膿性皮膚疾患、蕁麻疹、湿疹などの皮膚疾患に用いられています。 柴胡、甘草、桜皮、桔梗、川芎、生姜、独活、防風、荊芥、茯苓の10種類の 生薬により構成されており、消炎、排膿、抗菌、止痒、浮腫や分泌物の抑制などの作用をもちます。