Kracie

MENU

臨床での活用漢方使い分けガイド

一覧ページに戻る

冷え症

チャート表

どのような症状ですか?

冷えのぼせである
(瘀血)

A.下腹部痛、肌がやや黒味を帯びる、足冷え、肩こり、骨盤内うっ血症候群である

B.手足の冷え、生理不順、肩こり、頭痛、多愁訴 (精神神経症状)である

A

<汎用処方>

(+)便秘、ヒステリー、イライラが強い場合

   
B
   
       
貧血傾向である
(血虚)

A.貧血、月経不順、血行不良による冷え、めまい、頭重感、肩こり、水滞である

B.顔色が悪く、 皮膚が乾燥傾向である

C.体力低下、気血両虚である

A
   
C
B
 
     
血行不良である
下腹部の疼痛を伴う
(冷えると悪化)
胃腸虚弱である
(気虚)

A.疲労感、下痢軟便である

B.めまいがある

A

<汎用処方>

(+)冷えによる症状が激しい場合(胃・背中の強い冷え)

   
B
   
       
新陳代謝の衰えである
(陽虚)

A.浮腫(特に下半身)、四肢の冷え、疲れやすい、腰や下肢の脱力感、軟便や下痢がある

B.排尿困難である

A
   
B
   
       
気うつである
(気滞)
神経質、疲れやすい、頭部の発汗(首から上)、盗汗、口渇、肩こり、不眠、動悸、息切れなどの精神症状、腹痛、腹部の冷えがある