漢・方・優・美 Kracie
漢方薬のコンプライアンス研究 医療用漢方エキス製剤の服用回数が服薬コンプライアンスに及ぼす影響
                     千葉大学 環境健康フィールド科学センター 准教授  喜多 敏明

目 的: 漢方製剤において、分2製剤(KB:1日2回服用)と分3製剤(EK:1日3回服用)を処方した場合の服薬コンプライアンスの比較
対 象: 慢性疾患・症状に対し、漢方製剤を1ヵ月以上服用し病状が安定している外来患者109例
方 法: 同一の漢方製剤の分2と分3を各1週間交互に(A群:分3→分2、B群:分2→分3)処方し、服薬状況、患者満足度について質問紙による調査を行った。

A群 B群

結果 飲み忘れについて

図1飲み忘れありの場合 図2飲み忘れのパターン 図3飲み忘れの頻度 図4飲み忘れの時間帯


製剤に対する印象

図5 服用回数・量と患者満足度


ライフスタイルとの合致



■ 飲み忘れはA群、B群ともに分2製剤で少なく(図1、2)、頻度も低かった(図3)。
■ 分3製剤の飲み忘れは、昼が多かった(図4)。
■ 1回服用量の増減よりも、1日服用回数の増減のほうが、患者満足度に大きな影響を与えた(図5)。
■ ライフスタイルにあう漢方製剤として、分2製剤のほうがより支持された(図6)。

今回の研究では、飲み忘れが臨床効果に影響を及ぼすことはなかった(data not shown)。その理由として、病状が安定していたこと、また調査期間が各1週間と短かったことが考えられる。従って、病状がまだ安定していない場合や、服用が長期間継続する場合には、飲み忘れが臨床効果に影響する可能性は否定できない
。 
医学と薬学 66(1),117-122,2011