Kracie

MENU

臨床での活用漢方使い分けガイド

一覧ページに戻る

更年期障害

チャート表

どのような症状ですか?

のぼせ
ほてりが
主である

A.足冷え、下腹部痛、肩こり、肌がやや黒味を帯びている

B.瘀血徴候なし、イライラ、動悸、不眠がある

A

<基本処方>

(+)イライラが非常に強い
ヒステリー又は便秘傾向である

   
B
   
   

A.便秘傾向である

B.便秘傾向ではない

C.皮膚乾燥傾向である、黄褐色を呈し、手足のほてりがある

A
   
C
B
 
   
精神症状が
主である

A.多愁訴で移動性、頭痛、不眠、冷えのぼせ、便秘傾向である

B.咽喉が塞がる感じである(梅核気・ヒステリー球)

C.顔色が悪く、取越し苦労、心悸亢進、健忘、 不眠、貧血がある

A

<基本処方>

(+)驚きやすい、心悸亢進

   
C
B
 
     
冷えが
主である

A.貧血傾向、頭重感、めまい、肩こり、耳鳴りがある

B.疲れやすい、頭部の発汗(首から上)、盗汗、口渇、肩こり、不眠、動悸、息切れなどの精神症状、腹痛、腹部の冷えがある

C.顔色が悪く、皮膚が乾燥傾向である

A
   
C
B